今週は菊花賞で勝負っすよね

今週の重賞はG1菊花賞とその影に隠れてあまり話題に上がらない富士ステークスの2レースが開催されます。

菊花賞は京都競馬場。富士ステークスは東京競馬場。

全国的に今週はあまり天気が良くなく週末の天気も京都も東京も不安定な感じです。

とはいえ1つは菊花賞ですからね。こっちをスルーして富士ステークス1本勝負ってわけにはいかないです。

なんとなく。ただ富士ステークスもなかなかのメンツが集まっている気がして楽しそうです。

ですが菊花賞で勝負ってことにします。牡馬クラシック最終戦ですしね。ここでいろいろな各馬の情報を

集めて勉強しておけば今後のレースにもつながっていきます。この世代の馬が今後各レースで活躍していくわけですからね。重要なレースには違いないです。

そんな今年の菊花賞の登録馬ですが・・・・

2017年菊花賞登録馬

アダムバローズ 牡3 57 池添
アドマイヤウイナー 牡3 57 秋山
アルアイン 牡3 57
アルムチャレンジ 牡3 57
ウインガナドル 牡3 57 津村
キセキ 牡3 57
クリノヤマトノオー 牡3 57
クリンチャー 牡3 57 藤岡佑
サトノアーサー 牡3 57 川田
サトノクロニクル 牡3 57 福永
サンデームーティエ 牡3 57 藤岡康
スティッフェリオ 牡3 57 松若
ダノンディスタンス 牡3 57 浜中
ダンビュライト 牡3 57 武豊
チャロネグロ 牡3 57
トリコロールブルー 牡3 57 戸崎圭
ブレスジャーニー 牡3 57 柴田善
プラチナヴォイス 牡3 57 田辺
ベストアプローチ 牡3 57 岩田
ポポカテペトル 牡3 57 和田
マイスタイル 牡3 57 四位
マイネルヴンシュ 牡3 57 柴田大
ミッキースワロー 牡3 57 横山典
メイショウテンシャ 牡3 57 酒井

もちろんそれなりに豪華ではなりますがクラシック2戦目のダービーの上位3頭がいません。

1戦目の皐月賞上位馬のアルアイン・ダンビュライトはいます。

ということでクラシックとしてみればアルアインの2冠が気になるところでしょうか。

そもそもクラシックって何?って思う人も多いハズ。言葉としては使ってますがなんでクラシックと呼ばれてるか正式に知ってる方はあまりいない気もしますのでここで覚えておきましょう。

日本の競馬におけるクラシックの意味

まず中央競馬におけるクラシックといえば

3歳牡馬・牝馬のための

皐月賞東京優駿(日本ダービー)・菊花賞

この3レースをクラシック戦と呼びます。

そもそもはイギリスからの文化を引き継いだものとされており格式の高いレース・伝統的なレースを意味します。

3歳限定のレースであり1生涯で1度しか参加出来ないレースということになります。

クラシックは種牡馬や繁殖牝馬の価値を高めるための選定競走と位置づけられているものが多いようです。

ちなみにセン馬は出走できないです。

というように格式の高いレースのようですね。昔はもっと出走条件が厳しかったようですが

今はそれほどでもないようです。

このクラシックすべて勝つと3冠馬と呼ばれます。もちろんなかなか実現するのは難しいですが

直近だと

日本の3冠馬

・ナリタブライアン(1994年)
・ディープインパクト(2005年)
・オルフェーヴル(2011年)

これらの馬が3冠馬となりました。もはや伝説ですね。

クラシックは牝馬でも出走可能ですが牝馬で3冠達成した馬は歴史上まだいないようです。

いつかは牝馬の3冠馬の登場にも期待したいところですね。

というわけで今週開催される菊花賞。まだ予想は全然していません。アルアインの2冠にも期待はしたいですし

その実力は十分備わってる気がします。もちろん人気も高めですけどね。

出馬表確定次第、じっくり吟味して複勝予想の1馬を選定していきたいと思います。

 

何も考えずに競馬で稼ぎたい人はコレ!!

まずは当たる競馬予想サイトを見つけることが最重要課題です。

自分で見つけるか誰かに教えてもらえるか、

とにかく見つけないと何も始まりません。

そしてその当たる競馬予想に丸乗りして儲けたい。これに尽きます。

つまりは楽して儲けたいという人間の欲の固まりみたいなことを可能にするべく

無料で提供している予想なのに自分の予想より

断然当たる競馬予想サイトを期間限定でご紹介します。

期間限定にしたのはいつまで続くかわからないからです。

たまたま私が登録して無料予想でうまく稼げましたがいつまで続くかわかりません。

負けが続くようならすぐに紹介をストップいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。